何も言わなかった。

女は手を挙げて降伏したが、今日はこれに特別な理由はない!男がそのようなことを言ったならば、彼女はこのように笑いませんでした!
「私はそうは思わない!それについて話しましょう、あなたがこのように笑わせるものは何ですか!」

本当に知りたいですか?

女は男を躊躇しながら見ていましたが、彼女が男に笑っている理由を伝えることができるかどうかわからないので、想像できませんでした。
話そう
女が法外なことを言う場合でも、男は耳を傾ける準備ができています、彼はそれを受け入れることができます。

しかし、男はまだ女の理由が実際にそうであることを想像していませんでした。重要なのは、女、それらの本、そして原作に感心する人たちです。

「見て、あなたは私に言って言う、あなたは怒ることはできません!それらは小説です、あなたはそれを信じることができない!」
女が言ったように、彼女は徐々に男の顔を見て、話し終わった後すぐに自分を迎えに行きました。男は確かに怒っていませんが、私の心には憎しみがあります!

当時は母と私は怖がっていたのであまり気にせずに逃げたので

「ああ、信じられないのか、そうは思わないのか、それとも実験をテストして、信じられるかどうか確認しましょう」
。どのようにして男は彼を厄介なものにすることができるだろうか、女が引き起こす火は、もちろん、それは消えることをうらやむべきである方が良いです!彼が言ったように、男は再び女に近づいていました。当時、女は男にベッドで支えられていましたが、より便利な男が直接腕を組んで腕に抱き込み、その後女を持って一緒にベッドに倒れました。


私は妻の憧れに耳を傾け、迎えに出た後は男はもう二度とすべきではないと考えましたが、男が突然風を向けるとは思わなかったので、その後男によってベッドに放り込まれました。


結婚式の場面であってもあなたはそれほど必要ではありません!

どういう意味ですか?テストテストとは男は彼女と一緒にそれらの小説の中のプロットをテストしたくないでしょう!女は彼女が男の前で言ったばかりの小説の中の古典的な線を思い出しました、どんな小さなゴブリン、あなた自身の火、あなたはあなた自身を破壊しようとしています!言うべきではありませんが、体は非常に正直です!再び動くもの、あなたがそれについて考えて、あなたが数日寝ることがないように気を付けて、女は自分を埋めるためにピットを掘りたいと思います。彼女はちょうど男の前で何かを言った、彼女はそれを取り戻すことができる、もう一度それを言う!

「それは、私たちは仕事に行かなければならない、今起きなければならない、さもなければ私たちは食べなければならないだろう!」
男がベッドに倒れた後、女は男の胸の襟をつかむために死に、この最後の希望をつかもうとしました!現時点で、男は本当にそうではないでしょう、彼女と何かが起こります!いいえ!
「あなたは休暇を取ることができます」
男の言葉は簡潔です、彼は大きな上司です、偽造してください、それは言葉ではありません!さらに、湊は現在、両者の関係を知っています、そして男は彼が休暇を求めるだろうと言いました、他に何を言うでしょう!しかし、女はまだ他の言い訳を見つけたいと思っています、しかし、彼女が緊張しているとき、彼女は何もつかむことができないようです。
「まあ、心配しないで、ゆっくりと考えるのを待っています!」

そして購入して買い始める!

男は女が頭を掻いているように見えたので本当に心配しているように見えたので何もしないで彼女を見たが、二人の体は同じままで変わらなかった。さて、この場合、彼女はそれについて考えてみましょう!どうして私はゆっくり考えることができる、彼女はそれを考えることができない!男は女の顔を見て叫んでいたところ、ようやく笑って女を見て言った。
「さて、あなたをからかってはいけません、私は最初に降りるでしょう、あなたはゆっくり来ます、急いではいけません。」

女が拒絶しなくても、男は彼女を自分の仕事に重点を置くことができないので、女の意志に反することはありません。さらに、女が今彼を治療しているという態度で、男は彼の幸せはそれほど遠くないと感じました!彼が望んでいるのは、女が完全に喜んでおり、女に不満のヒントを持たせないことです。

これらのことばを終えた後、男は女にキスをして起き、寝室を去って女を元の位置に残したまま、ベッドに横たわって男が後ろを離れるのを見ていた。

花嫁の愛夏グループの会長です。

久しぶりに、女は神に戻ってきた、愛することを敢えて、男は彼女が遊ぶことをからかっています!彼女は実際に、彼女は実際にそれを真剣に受け止めました!最も重要なことは、女は今、彼女はちょうど彼女の心を持っていた瞬間に、実際にいくつかの期待を持っていたと感じているということです!彼女は何を楽しみにしています!神よ!女は再びキルトを引っ張って自分自身をキルトに包んだ。私は自分の顔をしていないと、一生の間部屋の中に隠れることはできないと思いますが、私が服を着て階下に行くのは間もなく、彼女はグーユッチェンが憎しみを報告するのではないかと心配していました。彼女が倒れた後、男は彼女のために朝食を用意する以外は何も言いませんでした。
車が会社の階下に駐車するまで私は上がった、あなたは、あまりにも硬くしないで、休息に注意を払ってください!女は、男は最近とても疲れていたと思っていました、そして、男を思い出させて、彼の心には少し苦痛がありました。
さて、私は私の妻に耳を傾けます
女の懸念については、男は顔の使用の顔、顔の笑顔です、それは外の人々が見ることが推定される、私はこれが平日に彼らが見る男であることを認識しないと怖いです!そして、女は、男の笑顔がとても幸せであることを見て、朝のことを考えずにはいられなかった、赤に直面し、男を見ないようにして、ドアを開けた。
「私は最初に仕事に行きます、夜に会いましょう!」
その後、女はバスを降りた。
じゃあ、夜に会いましょう!

結婚相手が助けにならなかったとき


男は女の出発の後ろを見て、彼の唇に微笑みながら言った。今夜の夜、彼は期待に満ちているようだ。女が会社に入ったとき、顔の赤面は完全には消えていませんでした彼がただ彼の感情を席で落ち着かせたいと思ったとき、龍之介はすぐに彼の席を女の横に叩きつけました。
「むーー、早く言うと、昨夜のパーティーはどうなったの?」
女が頭を向けたとき、彼は龍之介が興奮して顔を見ているのを見た、彼の心にはぎこちない感じがしています彼女と男が昨日パーティーに出席していたのでしょうか。
龍之介が知っているならば、会社全体が知っているということですか?しかし、彼女はすべてが気絶しているわけではありません、それは宴会でそれらの人々の口がとても大きいということですか?女さんはもっと考えたことがあります宴会の人たちにもたくさんの口がありますが、あなたがそれを譲渡したくない場合は、男は勿論それを簡単に却下しないでください!