なぜあなたはまだ来ていないのですか!

女は、質問を見て、単に振り向いて、この文の意味は、彼女を歓迎した結果は、陽翔のスクエアキスであることを男に尋ねたいと思いました。このキス、そして昨夜の段階的な誘惑は普通ではありません。初めに、男が直接支配的な地位を占め、そして女に拒絶の可能性を与えませんでした!おそらくそれは昨夜の経験によるものか、それとも男によるこの時点でのかすかな怒りのせいだろう。女の心にはそのような考えがあると思いましたが、彼のそばに他の女性がいるかもしれないと感じるでしょうが、男の心は非常に腹が立つと感じました。

花嫁のも花嫁でより大きな進歩があるかどうかを見ました。

女が現時点で男の考えを知っているならば、彼女はそれについて叫ぶ必要がありますどのように彼女は男を信頼できないのですか?当初から、彼女は男に対する信頼を欠いていませんでした。結局のところ、彼女と男との間のギャップは常にそこにあります!
女は毎回何も表示しませんでしたが、それらの間のギャップは悠真によって繰り返し表示されていましたが、実際、彼女の心には同じ考えがあります!それが最初の間違い、彼女と男のせいではない場合、私は普通の交差点でさえそれが起こらないことを恐れています!しかし、女が現時点で男の考えを知っているかどうかにかかわらず、彼女は今それを説明することができません。男のスクワリーキスに直面して、あなたはどこで立ち上がることができるでしょう!すぐに女の心は中身が白くなり、男の要求に直面して、女は彼に本能でそれを受け入れるように説得することしかできなかった。
全身で長引いていた男の熱意は、すでに多少無意識であった元のあいまいさを徐々に多少混乱させ始め、男の要求に応え始め、ゆっくりと応え始めました。女の反応は男をさらに後押しし、現時点では、この2つが存在する環境はやや特殊です。男は腕を組んで横になっていたため、一生懸命働く必要もありませんでしたが、良い場所はありましたが、楽しい時間はありませんでした。彼が着メロに邪魔された瞬間、男の行動は少し怒ったが、すぐに男の心は落ち着き、今起こったことに気づいた。そして、着信音で目を覚ますのは男だけでなく女です。意識の復帰後、女は男がちょうど彼女にしたことではなく、最も驚いたが、男が去ったばかりのキスで完全に迷子になった。


数点に近いと思われます。

電話が鳴っていないのであれば、彼女と男は昨日のことだと言っただけで、女さんは心配してトイレから出るのを恐れていましたが、すべてを経験した後、彼女は深く根付いています。その恐怖は徐々に消えていったようで、現時点では当惑だけが残っています。結局のところ、男の感情の直後では、それは彼女の唇にキスをするだけではなく、彼女の体のパジャマは非常に乱雑に見え、肩は半分焼かれています。セクシーな衝撃!男はこの種の賞賛を見て、彼の目には少し煩わしさがありましたが、女の言葉のために彼女を罰することを望んだだけでした。この電話、彼は、彼が女に何をすべきかについて知りませんでした…しかし、男はまだこの時点で鳴っている電話を管理しませんでした、しかし穏やかにパジャマを理解するのを助けました。汚い髪がうらやましい。
「すみません、私はあなたを怖がらせましたか?」

それは本当に楽しいです!

男は女の頬にささやき、謝罪して言いました。女の目と彼の滑らかな目を見て、男の心は少し非難です。女は男を見て首を横に振ったが、彼は怖いのかどうかは言いませんでした。実際、女には彼の世話をする気持ちはありませんでしたが、結局のところ、男が昨夜眠ってしまったからではない場合、そのようなことが昨夜起こったのかもしれません。昨夜、女はちょっと怖くて、ちょっと恥ずかしがり屋で、少し当惑した!
男の行為は突然女に彼女の心の中の考えを知らせ、彼女が彼女の謝罪的な視線を見たとき彼女の心の中の恐怖、恥、恥ずかしさは徐々に一瞥になった。微笑みます。


火遊びはとても危険です男の前の行動は確かに結婚相手のをちょっと怖くすることであった。ただいくつかのずるい顔を見せていた男の顔を見ただけだったが、女は笑って男が頭を振っているのを見ていた。彼女の目の前の男が彼女の信頼に値しないならば、それから他の誰が彼女を信頼することができます!女は、何に関係なく、男が彼女を傷つけることはないと信じています。助けることができないが、男だけではなくない感情も、女もそうするでしょう!女の笑顔を見て、男は盲目の男の目の中心を述べ、そしてついにほんの少しリラックスした。

花嫁の博士は向きを変えて出発しましたが

プリンが衣服や髪を仕上げるのを手伝った後、男はゆっくりと始めましたが、すぐに電話を見に行きませんでした。
「私は最初に朝食を準備するために起きます。あなたがまだ眠いならば、あなたは早く寝て、私があなたに電話するのを待ちます!」

男のこのトーンの優しさ、私は男でさえ彼が女から逃げたくないことに気づいていなかったことを恐れています、しかし彼は彼が現時点でまだここにいることになり、女を不快に感じることを心配しました。彼は頬がはっきりしている!女は眠くありません、しかし男がこれを言ったのを聞いた後に、彼はうなずきました、そして、男は恥ずかしがり屋の顔のように見えたように、単にキルトで出ませんでした。実際、女は恥ずかしがり屋ではありませんが、男が立ち上がった後、女の体に注意が向けられましたが、彼は自分自身にあまり注意を払っていませんでした。男のバスローブは少し広がっていて、胸が露出していました。現時点では、賞賛は見られるべきでない何かへのぞき見のようなものです私の心の中で少し恥ずかしいです!
しかし、ほんの少しの風景に過ぎませんが、男の姿は本当に素晴らしいということを示すのに十分です、一見すると、これは通常の運動の結果ですが、彼女は通常、男が午前中に走っているのを見ることに加えて男が他のスポーツをやった方法を見たことがありません!

何が悪いの、どこが不快なのか?
男は女の答えを聞かず、代わりに女がキルトに直接刻み目を付けていることを知り、女が不快に感じていないのではないかと心配しました。女はすぐに男が彼の頭を振るのを見てキルトから彼の頭を明らかにしました、そして、彼女はこれを見ました、そして、男は意図的に胸の筋肉を明らかにしませんでした。今度は、男は女の視線から、それは彼の体に何か問題があるはずだということにようやく気づきました。

当時は母と私は怖がっていたのであまり気にせずに逃げたので


しかし、彼はすぐにすでに緩んでいたバスローブを締め直すのではなく、ゆっくりとムハンマドに近づいた。とにかく、私は女を見ました、彼は苦しみませんでした!さらに、男の中心部に、私はもっと見るのを待つことができません!あなたがそれを見たいのであれば、あなたはあなたのためにそれを見ることができます!
「どうやって頭を振って話せないのですか。本当に不快ですか?」

男は女に近づいてそっと尋ねた、そして彼の胸の中で、彼の意図の下で、女に最高の角度を見させた。女の顔を見ていますが、私はそれを見るのをやめることはできないようです。男の心は一瞬の笑い声であり、彼の妻は少しスケベなことをしているようです!
しかし、それは彼の妻なので、良い性質は彼自身の色を持つことしかできません!それは彼の色のために良い限り、彼はちょうど彼の妻がどれだけ良いのです!
「いいえ、私は不快ではありません。あなたは電話を受けていませんでした。何か重要な場合に備えて、見に行きましょう。」
男の美しさの魅力の下で、女の顔は少し不快でしたが、男は彼女に近づき続け、美しさは常に彼女の前で揺れていました!神よ、彼女に何が起きたのですか。彼女はかつて違っていた!ええ、女は以前はこんなことがなかったせいか、おそらくこれでは足りませんでした。
「あなたは今最も重要なことです。いつでも電話に行くことができますが、私はあなたがすることが何もないことを確かめなければなりません!」