結婚式はついに来ています。

今回はそれは女の番でした、しかし、すぐに、女は蘇寧を見て微笑みました。
「さて、あなたはこの質問について男に尋ねることができて、彼がどのように答えるかを見ることができます!」
冗談を言って、彼が男の前でそのような質問をすることをどれだけあえてしても、彼は生きたくない!
「私は間違っています。私はあなたが何を望んでいるかについて意見を持っていません。しかし、あなたは男の前で私にもっと話すことができますか?」

彼が女を受け入れてから、彼の楽観的なインターンは突然彼ら自身の上司になりました、そして、湊はすぐにそのような良い機会が確かではなく、少し浪費していることに気づきました。!しかし、彼は男の前で尋ねることは何もありませんが、上司は彼にもっと良い印象を与えることができますが、常に害はありません、いいえ!
私が湊の言葉を聞いたとき、女が誤って笑ってスプレーしたのですが、彼女の背の高い、冷たい上司が突然からかいになったようだと言う人がいるかもしれません。女が微笑んで助けにならないことを見て、湊は彼が何かを言ったばかりであることにすぐに気づき、古い顔は赤くなったことがわかった。女は、湊の顔が赤面しているのを見て、また幸せになりました。
「さて、あなたはこれで私を助けています、私はあなたを良いことで助けます!」
リフレッシュしたので、約束しました!湊の心がかき始めています!冗談ですが、男、男に直面して、あなたが他の人に良いことを言いたい場合でも、あなたは用心深い必要があります、これは女の自信です!
「あなたは間違いをしなかった、グシャオの前で私に良いことを言いたいのですか?」

「あなたは私がまだあなたの前であなたに良いことを言うことができると思いますか?」

結婚相手は午前中にいくつかの部門のディレクターです

まあ、彼は敗北を認め、彼は女の一般的な知識を持たないことを決心しましたが、とにかく、女の真のアイデンティティで、彼はそれより優れています!しかし、湊の心の中で、女と男が一体となったのはどのようなものであり、それらはまだいくらか興味があります。しかし、彼はまた女が虚栄心を愛するような女の子ではないと信じています、おそらく彼女と男は、本当にお互いを愛しています!

の気持ちは一緒になることができます、容易でも極端にまれでもありません。

「女、あなたと男がどのようにして一緒になることができるかはわかりませんが、私はあなたが幸せになれることを心から願っています!あなたがお互いを大切にできることを願っています!」
女と男の間で幸せになれる言葉が、彼の心の中の後悔を埋め合わせているかのようです。
女は湊を見たが、彼が突然このようなことを言ったとは思わなかった、そして彼がこれを言ったとき、湊の外観もまれで深刻であった、女はそれを感じることができた、缪寧の祝福は本当に心からのものですが、水寧の祝福の真ん中に、女は少し後悔しています。湊の後悔とは何ですか?彼の心の中で残念なことは、彼がついにその人と歩むことができず、ついに彼らに属する幸福をつかむことができなかったということです。
「ありがとうございます、私たちは幸せになると思います」
女はすでにとても幸せに感じています、そして彼女はまた、人生は将来ますます良くなると信じています!
「ああ、私はあなたがあなたの人生にどんな種類の物語を持っているかわかりません、しかし、あなたがあなた自身を幸せにするチャンスがあるならば、簡単にあきらめないでください!」

 

花嫁のを二度と見なかった。

まるで彼女が沈んだことでひどく傷つけられた後、私は私が私の好きな人に会うことは決してないだろうと思った、そしてもう幸せな人生はないだろうと私は思った。しかし、彼女は男に行くことを許された!彼女が現時点で最も幸運なのは、彼女が男をあきらめなかったということです。さもなければ、現在の幸福はどうでしょうか。湊は女の言葉を聞き、女の目に懸念を感じ、自分自身に微笑みかけ、そして彼はまだ幸せなチャンスを得ることができるだろうか?過去の幸福は彼自身の手によって放棄されました、そして今、彼の人生は長い間幸福から抜けているべきでした!
しかし、もし人生が本当に女が言ったようなものであれば、彼は彼に幸福を持つもう一つの機会を与えるでしょう。そのような機会はあるのでしょうか。女と湊の2人が観客の前で座ると、授賞式が正式に始まりました。壮大さの最初の言葉は、女が少し眠く感じるのを聞かせて、周りの人々が実際にそれを保持することができるのを見てください、心の賞賛は本当にいくらかの賞賛です!

婚約者の咲希は10年以上もの間友情であり

それを見て、私はもうすぐ午前中に広告のための賞を授与されます結婚相手の寧の思い出の下で、女はついに少しの精神について言及しました。以下は、今年の最もクリエイティブな広告会社で、家族の副社長である婚約者の結婚相手の氏を招待しました。ステージ上の主催者が受賞客を招待し、受賞した広告会社の代表者がもうすぐステージに招待されますまた、女氏はまた、湊を興奮して見ましたが、想像どおりの興奮は見られませんでした。見て、しかし、湊がまっすぐ舞台を見て、神々を失ったようです。


かわいそうな婚約者の結婚相手の、
やあ、合計!
女は湊にささやきましたが、結局のところ、湊が権力を握る時が来ました。
おい、どうしたの?
結婚相手の寧の目に沿って舞台を見ながら、女がツイートをして結婚相手のを押しました。ステージには2人しかいません。1人はホスト、もう1人は招待されたばかりのゲストです。家族の副社長はどうでしょうか。ホストはいつもそこにいたのですが、それがホストのせいであれば長い間このようになっていたはずです。それから、湊に突然彼の外観を変えさせてください、それは家族の副社長の突然の出現であるはずです!チャンギラン?

結婚相手はもともと新郎が強制的に何かを言うことができるので

名前はなかなかいいです、それはまた良い、非常に気質のように見えます、銅の匂いを持つビジネスマンのようなものではなく、ただ女を見ています、しかし結婚相手は非常によく維持されます。しかし、女は、婚約者の結婚相手の年齢は湊よりわずかに大きいべきだと感じているようです。
守っていないこの種の神を見てください、これはチャンギ蘭ではない、それは彼が心の中に隠れてきた人です!姉と弟は恋をしている、彼らはいつもかなりファッショナブルであることがわかりません!しかし、湊の前の痛みを伴う外観を見て、それらは以前どのように分離しましたか?年齢のせいではありません!女は、相手が本当にお互いを愛する人であれば、年齢の違いは何もないはずだと感じています!女の声で颯真は頭を向け、女を見ましたが、少なくとも人の気持ちは少し引き戻されたようですが、少なくともこれまでのほど遅くはありませんでした。

花嫁の人々が関係なく


彼は、ステージ上の主催者がすでに朝の広告の名前を呼んでいると聞きましたが、ステージ上の主催者とゲスト、そして観客の多くの人々の目は、湊と新しい方向の方向性、そして宴会場の照明さえも、この傾向を打ちました。
「ちょっと、何に関係なく、上に行こう!また、私が前に言ったことを覚えておいてください!」
この場合、結婚相手の寧が上演されていなければ、私はみんなが朝の広告について意見を言うことを恐れています、そして女は結婚相手の寧が朝の広告の評判を放棄することを心配していません。あの人の後はどうなりますか?
女の言葉、湊が少し休止したとき、女に答えることなく、彼は立ち上がってステージに向かって歩いた。もう一度見上げると、湊の視線がステージ上の男を見て、彼の目は動くことができないようでした。そして彼を賞賛しただけで、彼は女の言葉を聞いたときに彼の心の中の考えについても考えました!
まだそのような機会を得ることができれば、彼はあきらめないでしょう!だから今、彼はまだ逃げているのか!彼女に再び会えることはすでに神から彼に与えられた祝福です、どうやって彼は脱出することができますか?おそらく、今回は彼らにとって本当に残念なことです、私は彼らに最後のチャンスを与えたいと思います!さもなければ、彼は彼がちょうど彼の考えを強化した、彼の前のお気に入りが彼の前に現れたとどうやって感じることができるでしょう!